裏・彷徨える淡き独り言

 
 I need to be myself. I travel at illegal speeds.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
人生ベスト10ソング候補−「歌うたいのバラッド」/斉藤和義−
歌うたいのバラッド
歌うたいのバラッド
斉藤和義/「歌うたいのバラッド」(1997年)

この歌を発売当初聴いた時に『歌詞』の魅力に惹きつけられた事を覚えているグッド
仲間内のカラオケで歌ったら当時は誰も知らなかったんよね(T▽T)

こんな気持ちになれる女性に巡り会えたら良いなぁとずっと思っていた。

十代の頃淡い青臭い恋もあった(*^▽^*)
【このアルバムのこの1曲#13】でも記事にした大学時代めっちゃ好きだった人もいた。
社会人になって年上の女性年下の女性とも付き合った。

それぞれに良い思い出だ。ただ、その中のどの恋もこの歌にマッチする気持ちにはなれなかったΣ(´□` ハゥ☆


今なら唄えそうな気がする!


≪一部歌詞抜粋≫  
  今日だってあなたを思いながら 歌うたいは唄うよ
  どうやってあなたに伝えよう 雨の夜も冬の朝もそばにいて

  ハッピーエンドの映画を今 イメージして唄うよ

  こんなに素敵な言葉がある 短いけど聞いておくれよ 「愛してる」


**************************************

弾き語りコードを含めた歌詞全てをご覧になりたい方はこちら→■歌うたいのバラッド
人生ベスト10ソング(候補) | 02:52 | author 小次郎 | comments(3) | trackbacks(0)
人生ベスト10ソング候補−「TELL ME」/hide−
TELL ME
TELL ME
hide/「TELL ME」(1994年)

小次郎がこの歌に出会った時は、ちょうど自分が迷いかけてる時で、曲はすごくPOPな感じなのに、何か訴えかけてきている感をすごく受けたものだびっくり

John=Lennon「HELP」を叫んだ様に、hideがこの「TELL ME」で訴えかけ様としているものがきっとあったと思う。

≪一部歌詞抜粋≫
  Tell me, 誰か tell me, Please tell me.
  君には僕が見えてるか
  Tell me, Somebody tell me, Please tell me.
  僕には僕が 見えない


参)全ての歌詞をご覧になりたい方はこちらをどうぞ→■TELL ME


この歌を聴くと当時を思い出すし、今だにカラオケで歌っている忘れられない1曲になってますね(*^ー゚)b

**************************************

HIDE YOUR FACE
HIDE YOUR FACE
hide/『HIDE YOUR FACE』(1994年、1st)

こちら(↑)がオリジナルアルバム。「TELL ME」は13曲目に収録されています。
人生ベスト10ソング(候補) | 17:31 | author 小次郎 | comments(5) | trackbacks(0)
人生ベスト10ソング候補−「SHE」/elvis costello−
ノッティングヒルの恋人 オリジナル・サウンドトラック
ノッティングヒルの恋人 オリジナル・サウンドトラック
elvis costello/「SHE」(1999年)

この映画も幾度となく見ました! 【レンタルDVD見ちゃいました#5-20050913】の記事でも取り上げたヒュー・グラントが良い味を出している作品です。

このサウンドトラックの1曲目の「SHE」は僕の中で極上のラブソングです(*^^)v
結婚式の時にかけたい1曲ですねぇ〜ラブ

本当にこの歌を聴くと優しい気持ちになれます(*´Д`*)ポワァ〜ン

歌詞の中で小次郎が一番好きな箇所は、
  She maybe the reason I survive
ここは訳したくない!英語の響きで皆さん理解してねぇ(*^ー゚)b

**************************************

「SHE」

 She maybe the love that cannot hold to last
 May comes a need from shadows of the past
 That I remember till the day I die
 She maybe the reason I survive
 The why and when for I'm alive

 The one I care for through the rough in many years
 Me I'll take her laughter and her tears
 And make them all my souvenirs
 For where she goes I've got to be
 The meaning of my life is

 SHE SHE SHE


≪日本語訳≫
 もしかして、彼女の愛ははかなくて
 過去の影がつきまとう
 それは僕も一生忘れない
 もしかして僕の未来は彼女しだい
 なぜ?いつ?生きることの答えを教えてくれるの

 幾度となく荒波を乗り越えた
 ずっと彼女のこと、想い続けた
 あの笑顔も涙も僕の生きがい 
 彼女が行くところへはついて行く
 だって彼女は、僕の存在理由
人生ベスト10ソング(候補) | 07:28 | author 小次郎 | comments(3) | trackbacks(0)
人生ベスト10ソング候補−「HUSH」/KULA:Shaker−
ハッシュ
ハッシュ
KULA:Shaker/「HUSH」(1997/03/26)

原曲はDeep Purpleである。(←オリジナルアルバムジャケ等はこの記事の最後に掲載)
もちろん原曲は知ってたし、良い曲だとは思っていた。

ただ、このKULA:Shaker「HUSH」を初めて聴いた時には、

衝撃が走った!!


2分54秒というこの時間の中にどれだけの要素が詰め込まれていることか!

 Na na na na na na na na na
 Na na na na na na na na na


というフレーズは皆さんも一度は耳にされたことがあるかもしれない。


本当に「イカす!!」という表現が当てはまるバンドであり、小次郎ロック魂をくすぶらせてくれる曲だ!!ヤホ━━(*≧∇≦)ノ━━イ♪


この「HUSH」が収録されているベスト盤は横のRECOMMENDにも掲載していますし、過去の記事【最近の朝のミュージック!!】でも軽く触れていますので、宜しかったらご覧になられて下さい(*^^)v

歌詞もこれまた良い感じなので、下記(↓)に掲載します。

**************************************

≪一部歌詞抜粋≫

  Na na na na na na na na na
  Na na na na na na na na na

  Well,got a silly little girl
  She's on my mind
  Look out about
  She looks so fine
  She's the best girl
  That I ever had
  Said that she's gonna make me
  Feel so sad

  Na na na na na na na na na
  Na na na na na na na na na

  Hey now hush,hush
  I thought I heard you callin' my name
  Now hush,hush
  You broke my heart
  And knocked,knocked me down



≪日本語訳≫(←本当は訳したくないんだけどねしょんぼり

  Na na na na na na na na na
  Na na na na na na na na na

  取るに足りない小さな女の子が
  オレの心を占めてるんだ
  よく見てみなよ
  彼女は実にイカしてる
  オレが今までつき合ったなかで
  最高の女の子
  彼女はオレを
  えらく悲しい気分にさせてくれそうだ

  Na na na na na na na na na
  Na na na na na na na na na

  シーッ さあ静かにしてくれ
  君がオレの名前を呼んだのが聞こえた気がしたんだ
  シーッ 黙れよ
  君はオレの心をメチャクチャにして
  オレを叩きのめした

**************************************

Shades of Deep Purple
Shades of Deep Purple
Deep Purple/『Shades of Deep Purple』(1968年、1st)

原曲はこちら(↑)の2曲目に収録されています(*^ー゚)b

人生ベスト10ソング(候補) | 10:45 | author 小次郎 | comments(9) | trackbacks(3)
人生ベスト10ソング候補
新たに企画を立ち上げました祝

その名も、
『人生ベスト10ソング(候補)』

この【裏・彷徨える淡き独り言】でも色んな音楽を取り扱ってご紹介させて頂いておりますが、その中でも小次郎の人生の中で、この曲は生涯自分の中で響き続ける作品だと思われるものをお届けいたします(*^ー゚)b


≪選考基準≫
小次郎が敬愛してやまない THE BEATLES の作品は除く。小次郎の中では『別格』ですし、一般的な音楽を語る上で「THE BEATLES は置いておいて」が口癖ですから。

初めて聴いたときに衝撃を受けた作品であること。後でじっくり聴き込んで良かった!という作品は除く。分かりやすく(!?)言えば、一目惚れした女性は、やはり素敵だった♪ということです(笑)

世代やアルバム曲であることも問わない。良いものは良い!と自信を持って、自分の子供たちにでも言える作品であること。


以上のコトを踏まえて、不定期ではありますが、ご紹介していきたいと思っています楽しい

(追伸)
皆さんの中での人生ベスト10ソング候補がありましたら、教えて下さいな(*^^)v
人生ベスト10ソング(候補) | 03:39 | author 小次郎 | comments(13) | trackbacks(0)
2006年サッカーワールドカップ(TM)にむけて! サッカー日本代表を応援しよう!