裏・彷徨える淡き独り言

 
 I need to be myself. I travel at illegal speeds.

<< 皆藤愛子(かいとうあいこ) | TOP | ACミラン主将マルディーニ、来季限りで現役引退へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
坂本龍馬
今日は『坂本龍馬』(↓)に関する記事です拍手
坂本龍馬

なぜ、この記事を投稿しようと思ったかといいますと、

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のこの記事→■11月15日


≪誕生日≫
・1835年 - 坂本龍馬、志士(+ 1867年)

≪忌日≫
・1867年 - 坂本龍馬、志士*


なんと、この11月15日誕生日忌日でもありますびっくり

ただし、誕生日&忌日ともに『旧暦』での話です。

誕生日…旧暦:天保6年11月15日 現在の暦:1836年1月3日

忌日…旧暦:慶応3年11月15日 現在の暦:1867年12月10日 


とある方の記事で誕生日やら年月日に注目することもありましたし、

小次郎のもうひとつのブログ【長崎物語】のカテゴリーで「坂本龍馬」(←クリックどうぞ)
を扱ったので、愛着もあり、取り上げてみました(*^^)v
共感 | 13:22 | author 小次郎 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 13:22 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
旧暦にしても、誕生日と忌日が一緒って武士心をくすぐりますなぁ。
いくら他人によって命を落とした方でも、早すぎる死ですよね。
2005/11/15 5:54 PM by 小粋グリーン
●小粋グリーンさん●
まさに武士道!!なんか運命というか宿命を感じますよね!!
坂本龍馬がもう少し生きていれば、日本の歴史も変わっていたかもですね(*^ー゚)b
2005/11/16 12:49 AM by 小次郎
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://samayoeru.jugem.jp/trackback/257
トラックバック
2007/09/19 9:28 AM
坂本竜馬撮影)坂本龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日 (旧暦)|11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日 (旧暦)|11月15日(1867年12月10日))は幕末の日本の政治家・実業家。土佐藩脱藩後、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中・海援隊の結
せいなの部屋
2006年サッカーワールドカップ(TM)にむけて! サッカー日本代表を応援しよう!